鳥取県医療勤務環境改善支援センター

安心して働ける快適な職場を作りましょう!!

鳥取県・鳥取労働局委託事業:公益社団法人 鳥取県医師会

お知らせ

2019.06.12鳥取医療生協にて「ハラスメント研修会」を開催されました

令和元年6月12日(水)、鳥取医療生協に於いて、法人全体の管理者を対象とした「ハラスメント研修会」を開催されました。

講師は、当センターの医療労務管理アドバイザーとしてご活躍いただいている、安酸 早苗(やすかた さなえ)社労士です!

来年度から施行予定の「職場でのパワーハラスメント防止を義務付ける関連法」を見据え、パワハラ対策を中心に、全般的なハラスメント対策についての研修を行いました。限られた時間での講演ではありましたが、参加された方からは「大変分かりやすかった」との声を多数いただきました。今後も引き続き、職員等を対象としたハラスメント研修会を開催される予定です。

講師をご依頼いただいた鳥取医療生協の皆様、どうもありがとうございました。

 

医療勤務環境改善支援センターでは、無料での講師派遣や、講師紹介なども行っております。

まずはお気軽にご連絡いただければと思います。

 

20190612-2 20190612-1

ハラスメント研修会の様子

 

 
 

2019.05.24鳥取生協病院にて「きんさったカフェ」(ワークショップ)をオープンされました!

令和元年5月16日(木)、23日(木)、24日(金)の3日間、鳥取生協病院に於いて、ワールドカフェ形式によるワークショップ「きんさったカフェ」をオープンされました!

16日には3年目までの職員、23日には4~9年目、24日には10年目以上の職員を対象とし、テーブルごとにテーマを決めて、カフェ店員風に扮したWLB推進委員の皆様がホスト役を務め、お茶とケーキを囲んで、本当にカフェのような雰囲気でした。

それぞれのテーブルで「仕事に恋するには?」「こんな制度があったらいいな」「仕事が終わったら何をしたい?」などのテーマに沿って、気楽に、でも真剣に、笑い声も多く聞かれる楽しいワールドカフェでした。

「ワールドカフェは結論を出す場でも正解を出す場でもない」「相手の意見を否定しない」等のルールに沿って、同じテーマでも経験年数の違いにより、違う視点でのアイデアが出されたり、思いつかなかったような自由な発想の意見が出たりと、とても実りの多い時間となりました。また、普段あまり接点のない職種の人とも、打ち解けた雰囲気の中で話ができる機会というのは、同じ病院の中でもあまりなく、新たな気付きもあったようです。

センターからも、医療労務管理アドバイザーや推進委員が参加、アドバイス等コメントをさせていただきました。

勤務環境の改善というと難しく捉えがちですが、楽しい雰囲気の中で出た自由な意見の中から取り組みの一端を得ることができる、センターとしても目からうろこの楽しい取り組みで、大変勉強になりました。鳥取生協病院の皆様、どうもありがとうございました。

今後も医療勤務環境改善支援センターは、引き続きご支援を行ってまいります!

 

20190516-1 20190516-2 20190516-3

「きんさったカフェ」へようこそ♪
 
 

2019.03.26「医療機関の働き方改革に関する法改正に向けた説明会」を開催しました

3月13日(水)医療機関管理職や人事・総務担当職員等をを対象に、いよいよ平成31年4月から施行される働き方改革関連法に向けて 『医療機関の働き方改革に関する法改正に向けた説明会』を開催いたしました。 当日はテレビ会議システムにより、メイン会場の鳥取県西部医師会館から、サブ会場の鳥取県医師会館・中部医師会館へ映像配信により 講演を行いました。

講師には当センターの医療労務管理アドバイザーとしてもご活躍いただいている、安田社労士にお願いいたしました。

当日は県内の多くの医療機関からご参加いただきました。既に対策をしている医療機関も、これから始める方も良い機会にして いただけたのではないかと思います。

当日は質疑応答も行いしましたが、院内の事情を多くの人の前で話したくないこともあると思います。「でも聞いてみたい・・・」
そんな時はぜひ支援センターにご連絡ください!無料で個別相談も承っています!また、アドバイザーを派遣いたしますので、 院内でご相談いただくことも可能です!ぜひご連絡をお待ちしております。

なお、今後も引き続き支援センターの取り組みや支援内容についてもPRに努めてまいりたいと思います。

ご参加いただきました皆さまには年度末のお忙しい中、本当にありがとうございました。

 

2019_setsumeikai

説明会の様子
 
 

2019.02.13「医療機関の働き方改革改革に関する法改正に向けた説明会」を開催します

 このたび、医療機関管理者や人事・総務担当者等を対象に、平成31年4月1日から施工されつ働き方改革関連法の説明会を、以下のとおり開催いたしますのでご案内します。今回の説明会では、法改正に伴い、何がどう変わるのか、対策として何をしたら良いのかを提案し、医療機関の皆さまを支援したいと考えています。

 参加ご希望の方は、参加申込書にご記入の上、3月8日(金)までにFAX(0857-29-1578)にてお申し込みください。

 

  日 時:平成31年3月13日(水) 午後1時25分~午後3時00分

  場 所:メイン会場/西部医師会館 米子市久米町136

      サブ会場/テレビ会議システムにより映像配信

          ①鳥取県医師会館 鳥取市戎町317

          ②中部医師会館 倉吉市旭田町18

  対象者:医療機関の管理職(院長、副院長、各部門の責任者)、人事・総務担当者 等

 

0313chirashi 0313chirashi
パンフレット(434kb/PDF) 申込用紙(344kb/PDF)

2019.02.08看護師養成校の学生に就職先選定についてのアンケートを実施しました

鳥取県医療勤務環境改善支援センターでは、将来の医療機関を担う学生が就職活動の際に、何を基準に就職先を選んでいるのかを把握すべく、県内の看護師養成課程の学校にご協力いただき、看護学生にアンケートを行いました。

【実施時期】平成30年7月~11月

【調査対象】県内の看護師養成校のうち4校(合計240名)

 

就職先選定で重視する条件としては、学校の種類(大学、専門学校など)に限らず、卒業後の教育体制やキャリアアップ支援、待遇や評判などを気にする傾向にあるようです。今後のライフステージの変化に伴い、重視するポイントは変化すると思われます。

 

また、就職するにあたっての不安としては、

・人間関係(上司・先輩または同僚)

・知識や技術・経験の不足

・看護師として従事していけるのかといった項目

が不安要素となっているようです。人間関係が気になるのはどの世代も同じですね。

支援センターはこれから看護職つく学生たちのこういった考えや不安と、医療機関側のうまく融合させられる理想の職場環境作りをお手伝いいたします。部署を超えた横断的なコミュニケーションを取り、多職種を理解することが職場環境を良くし、業務の効率を上げることもあります。