鳥取県糖尿病療養指導士認定機構

鳥取県糖尿病療養指導士認定機構

 

鳥取県糖尿病療養指導士認定機構について

 

本機構は、かかりつけ医や地域保健指導の現場で質の高い糖尿病療養指導を行えるメディカルスタッフを育成していくことを目的としています。

年3回、認定試験受験者のための講習会を東部・中部・西部地区(各1回)で開催後、全3回の講習会受講修了し、申請書類を提出した者に対して認定試験を実施し、試験合格者に鳥取県糖尿病療養指導士認定証を発行します。

 

規約

 

運営規程

 

更新単位

 

更新のための研修会申請書

 

 

 

鳥取県糖尿病療養指導士試験受験資格取得のための講習会

 試験受験資格取得のための講習会を年3回開催します。

 

 

 

 

≪受講対象者≫

 以下のすべてを満たす方を対象とします。

 

 1 看護師、保健師、助産師、准看護師、管理栄養士、栄養士、薬剤師、臨床検査技師、衛生検査技師、

  理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、歯科衛生士、視能訓練士、臨床工学技士、救急救命士、

  社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師、

  介護支援専門員(ケアマネージャー)、介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、臨床心理士

  のいずれかの資格を有する者

 

 2 糖尿病療養指導の実務経験が3年以上あること

 

 3 日本糖尿病協会の正会員であること(研修受講決定後に加入も可)

 

 

≪申込み期間≫

 令和元年7月1日(月)~令和元年8月30日(金)

 

【講習会A】

 日時:令和元年10月6日(日)

    午前9時20分~午後5時30分

    *受付:午前9時~午前9時20分

 会場:鳥取県西部医師会館

    米子市末広町136番地 TEL:0859-34-6251

 

【講習会B】

 日時:令和元年11月24日(日)

    午前9時20分~午後5時20分

    *受付:午前9時~午前9時20分

 会場:鳥取県医師会館

    鳥取市戎町317 TEL:0857-27-5566

 

【講習会C】

 日時:令和2年1月19日(日)

    午前9時20分~午後5時30分

    *受付:午前9時~午前9時20分

 会場:倉吉交流プラザ

    倉吉市駄経寺町187-1 TEL:0858-47-1181

 

 

開催要項

 

 

 

鳥取県糖尿病療養指導士認定試験について

 認定試験を年1回開催します。

 

日時:令和2年3月15日(日)10時30分~12時00分 (受付 10時00分~)≪予定≫

 

場所:鳥取県医師会館(鳥取市戎町317)

 

 

 

認定更新のための研修会について

 鳥取県糖尿病療養指導士の認定期間は5年間となっており、認定更新の条件のひとつに、

 「認定期間中に別に定める糖尿病療養指導研修15単位を取得していること」があります。

 認定更新の単位となる研修会は、以下のとおりです。

 

 

2019年度糖尿病療養指導勉強会

 日時:2019年6月~10月まで毎月1回

    木曜日 午後6時30分から午後8時

 会場:NPO法人中海エリア糖尿病療養研究機構 研修室

    米子市安倍200番地1

 主旨:1.糖尿病に関する知識・活用方法の修得

    2.医療関係者の情報交換を行う場の提供

 会費:300円

 内容:

 6月13日 「糖尿病ケアにおける役割と実践 薬剤師の立場から」

        島田洋次郎先生(済生会境港総合病院)

 7月11日 「糖尿病ケアにおける役割と実践 臨床検査技師の立場から」

        岩田和宏先生(山陰労災病院)

 8月 8日 「糖尿病ケアにおける役割と実践 管理栄養士の立場から」

        本多千鶴先生(博愛病院)

 9月12日 「糖尿病ケアにおける役割と実践 理学療法士の立場から」

        足立博史先生(山陰労災病院)

 10月10日「糖尿病ケアにおける役割と実践 看護師の立場から」

        足立里美先生(山陰労災病院)

 単位数:各1単位

※事前申し込み不要です。

 多数の皆様のご参加をお願いいたします。

※問い合わせ先

 NPO法人中海エリア糖尿病療養研究機構

 683-0846 米子市安倍200番地1 平成ビル3

 TEL&FAX 0859-24-1151

 

 

鳥取県東部糖尿病臨床研究会

 日時:令和元年9月12日(木)

    19:10~20:40

 会場:鳥取県東部医師会館

    鳥取市富安1丁目75番地

 参加費:無料

 参加対象:医療関係者であれば誰でも可

 内容:

 19:10 【一般講演】

   座長:鳥取生協病院副院長 岡田 睦博 先生

  「心不全治療 最近の話題 ~2型糖尿病との関連を含めて~」

   鳥取赤十字病院 副院長 荻野 和秀 先生

 19:40 【特別講演】

   座長:鳥取県立中央病院糖尿病・内分泌・代謝内科部長 楢﨑 晃史 先生

  「2型糖尿病のいかなるステージでSGLT2阻害剤は有効か?」

   東邦大学医学部内科学講座糖尿病・代謝・内分泌学分野

    教授 弘世 貴久 先生

 単位数:0.5単位

 

 

第1回日本フットケア・足病医学会中国四国地方会学術集会

(旧名:第4回日本下肢救済・足病学会中国四国地方会学術集会)

 日時:2019年9月14日(土)

    9:30~15:40

 会場:倉吉未来中心「小ホール」

    倉吉市駄経寺町212-5(倉吉パークスクエア内)

 参加費:医師 5,000円

     看護師・医療スタッフ 3,000円

     その他・企業 10,000円

 参加対象:医療関係者であれば誰でも可

 内容:  ≪敬称略≫

 9:35~10:15 一般演題〈5題〉

  座長:森景 保則

 10:30~11:20 特別講演1 

  座長:平松 信(岡山済生会総合病院)

   「透析患者のPAD~早期発見と治療戦略」

     小林 修三(湘南鎌倉病院 院長代理)

 11:30~12:20 特別講演2

    座長:浜崎 尚文(鳥取県立厚生病院血管外科)

   「糖尿病性下肢動脈病変に対する外科治療(仮)」

     東 信良(旭川医科大学外科学講座 血管・呼吸・腫瘍病態外科学分野)

 12:30~13:20 ランチョンセミナー 

    座長:中西 秀樹(田岡病院形成外科)

   「下肢潰瘍に対する陰圧閉鎖式創治療の実際(仮)」

     石田 敦久(川崎医科大学総合治療センター外科副部長(特任准教授))

 13:30~14:20 教育講演 

    座長:橋本 一郎(徳島大学形成外科)

   「形成外科手技」

     福岡 晃平(鳥取大学形成外科)

 14:30~15:40 〈6演題〉 

  座長:永竿 智久

   主題演題「重症虚血肢に対するチーム医療」

 単位数:2単位

 

 

 

日本糖尿病協会e-ラーニングの登録方法

  本機構では、日本糖尿病協会e-ラーニング1講座につき、認定更新単位1単位として認めています。

  (ただし、上限7単位)

 

  アカウント登録は個人がそれぞれ日本糖尿病協会ホームページの専用フォーム

  からお申し込みをしていただくことになります。

 

  以下URLの「地域糖尿病療養指導士」にある「登録ボタン」から手続きをしてください。

  https://www.nittokyo.or.jp/modules/doctor/index.php?content_id=41

 

   手順PDFを参考に各自でご登録をお願いします。

 

  ※認定更新の際には、終了証のコピーを申請してください。

 

 

注意事項

 ・原則、講習会を受講しないと、認定試験を受験することができません。

 

 

鳥取県糖尿病療養指導士認定者一覧

 

東部地区

中部地区

西部地区

 

※勤務先変更の際は、ご連絡ください。